忍者ブログ


即身成仏の瞬間
夏野菜がインフレ状態で、採っても採っても食べきれずに台所にたまる。

なので、魔法のスープ夏味。



えのき、トマト、いんげん、ピーマン、なす、玉ねぎ、ジャガイモ、人参、油揚げ、とうもろこしに月桂樹の葉を入れて煮込み、塩、コショウで調える。

ポイントは小さく切ること(これで陰性な野菜から陽性な味が出る)

そして、順番に加えること。


それはさておき、

密教では「さとり」を「即身成仏」という言葉で表します。

ずっと先ではなく、

如来の真実を知れば、今すぐに自分の身体のままで成仏(迷いを悟りに)できる、

ということ。


そのためのカリキュラムはいくつかありますが、

覚鑁上人の『秘釈』には、

「真言宗の即身成仏、その証、いずくにかある。
謹惶して弟子、五臓の三摩地観に入る。忽然として出家の頭上において五智の宝冠を現じ、肉身の五体において、五智の光明を放つ。その時に当たって一人席を起ち、万民、礼を作す。諸宗、旗を靡かし衣を送る。故に五臓の三摩地は秘が中の秘なり。座を立たずして三摩地現前の説、唯弥々仰信すべし」

とあります。(『興教大師 撰述集』上196頁)

これによれば、

お大師さんが即身成仏の証をみせたのは、五臓三摩地観という修法。

この観法は、

『大日経』巻第七持誦法則品第四にある、

「五字を布して、自身に曼荼羅を観ずる」に、

中国古来の五行説を加えたもの。


これをスマートにしたものが、

現代の真言僧が日々修法する字輪観。

色と形と梵字を瞑想し、自身が法界(宇宙)大日如来であると知り、

迷いを覚りに転換します。


一般のかた向けには、

阿字観もしくは五字厳身観という瞑想法があります。

静かで穏やかで、

思いやりとやさしさに満ち、

散らばった悩みが、ひとつの智慧にまとまり、

執著から開放され、希望にあふれた心になります。

健康にもよろしい。






PR


[ 2017/07/25 10:22 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 即身成仏の姿  |  ホーム  |  光り輝くもの >>