忍者ブログ


夏から秋


みじん切りの玉ねぎ、人参、ピーマン、春雨、炊いた炒り玄米をごま油で炒め、塩コショウで調え、春巻きの皮で包んでからりと揚げます。

みじん切りにする、揚げる、と言う方法で陽性な料理にしますが、油が多いので大根おろしやスダチを添えます。

炒り玄米を使うことで、夏の余分な陰性を排毒させます。





陰性な茄子を素揚げ

油消しでスダチ、大根おろしを添えるの上記と同じ。



秋は食材が多いので、炊き込みご飯、けんちん汁、芋煮などが旬の料理ですが、材料を素揚げして盛り合わせる吹き寄せも秋の料理です。彩りを考えて野菜などを用意します。


秋の味は大根おろしやネギなどの辛味。

脂肪をとかし、消化を良くします。

リンゴなどの酸味がある果物も、消化吸収代謝によろしい。酸化した身体を調えます。

特にリンゴは肉の陽性を溶かします。



PR


[ 2013/09/12 08:46 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 穀菜食の舎メールサービス ご案内  |  ホーム  |  食養手当て法・料理教室 ご案内 >>