忍者ブログ


夏色のおもいで
掃除が行き届いて、扉の開けたてがスムーズだと涼しく感じますが、

部屋が汚れて、戸が重いのは暑苦しい。

そういう人も暑苦しい。


  
小学生のころ、夏といえば海とプール

遊んだあとの食べ物はトマトとスイカ

冷たい麦茶。あれが甘い家もあった。

青い海、白い波、スイカの色



夏といえば野球

テレビで球場で観て、

公園でふたり対ふたりの野球もした。当時の軟式テニスボールで。

終わったら、キリンレモンの1リットル瓶をラッパ飲みした。

青い空に白球


夏といえばビール

たくさん飲めることが偉い、と勘違いしていた。

白い泡と金色の生



夏といえば棚経



人には顔があり声がある。

自然にも色と形と音がある。

毎年、それが変わり、僕らも変わる。

そのどれもが実相。




夏といえば風

朝夕、薄紫の靄の中、熱悩を冷ましてくれる風。

日中、セミ時雨の中の風

きみをさらってゆく風。

PR


[ 2015/08/10 12:43 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 手足口病  |  ホーム  |  ふと思い出して >>