忍者ブログ


大切なもの
材料に火が通ることと、煮えることと、炊きあがることは違います。

ブタのようなヤツと、ブタに似ている人と、子ブタみたいにかわいい子も違う。

社会的な死と精神の死と医学的な死も違う。


それはさておき、




カレーとコロッケという黄金のメニューなのに、ご飯を一回しかおかわりしないので、

もっと食え。

ともう一度次男におかわりをさせる。


カレーの翌朝は太く切ったキンピラゴボウや、具の多い味噌汁を出します。

コロッケにはレモンやキャベツ白菜カブの塩もみなどを油消しで添えるけれど、翌朝には大根おろし。


外食で油が多かった翌朝には、濃いシイタケ出汁でワカメとネギの味噌汁にして胃腸と肝臓の油を溶かします。


味噌や醤油を使った料理なら、塩気と時間の陽性+大豆の陰性で、陰陽両方の効果があるので至極便利。


その上、油が多い時には辛味、たんぱく質が多いときには酸味を添えればよろしい。だいたいが旬の野菜が解決してくれます。


梅醤番茶も陰陽両方の効果があります。


生の梅は
Na=2
K =240

で、陰性なものと言えますが、塩、時間、圧力力、太陽光の力が加わった梅干しは
Na=8700
K =440
(『五訂食品成分表』による)

で、かなり陽性。また、両方ともCaが多くPが少ないので身体をアルカリにする食品。

梅干にはクエン酸と生梅の陰性もあります。


お母さんが作った梅干入りのおむすびは世の中でいちばんおいしい、

と思う人は少なくないだろうけれど、おいしさは目に見えない。

お母さんは見えるけれど、お母さんが心を込めて作ったという働きは見えない。

そういう見えないところがおいしいのだろうな。



そもそも、大切なものは目に見えない。

思い出の香り、心が震えた音声、あなたの思いやり、優しさ、丁寧な仕事、心遣い、細心の注意、お釈迦さんやお大師さんの教え・・・・・。

そいういう目に見えないものが人生を左右し、行きづまりがあった時に大きな助けになる。


おいしさも目に見えないから大切。


PR


[ 2013/02/21 06:24 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 陰陽は正しいのだろうか。  |  ホーム  |  五七日と百か日 >>