忍者ブログ


大阪鳴門横浜
毎年、5月と11月に鳴門で護摩を修法しています。

今回は、その前日に大阪府吹田市PINOで精進料理教室と瞑想の会。

すべての病と世界のトラブルは、腎臓と肝臓を調えれば治るだろう

という話をしながら作った料理のひとつがこれ。




午後は瞑想。

身体を調え、呼吸を調え、心を調えると、

いろいろなことが分かるとともに、迷いが消えます。

そして、

そのトレーニングによって、

自分の心を実の如くに知るようになる。それを悟りとも成仏とも菩提とも言います。

瞑想のテクニックはいくつもありますが、

今回は歩きながら呼吸を調え、

その呼吸を見つめてから、

心を象徴する月のイメージを観想する、というもの。

瞑想修行は、徹底的な懺悔と感謝によって支えられます。


翌日、

満席の高速バスで鳴門へ。
 
護摩を修法する不動院へは、歩いて上ります。

JR鳴門線金比羅前駅から長谷寺の仁王門をくぐり、毘沙門堂の脇を登って金比羅神社。

その裏山の頂上に不動院があります。車は入れない、徒歩のみ。



修法には四つの方法がありますが、今回は息災。

家内安全身体健全当病平癒息災延命などを祈願しますが、

真の目的は、罪障生滅・煩悩止息・心の安定、つまり自分の心を実の如く知ること。

すべての願いが叶うためには、

懺悔と感謝が出発点になります。


翌日は満席のA320で羽田経由横浜へ。

時間調整のためにボウリングを6ゲーム投げてから、

待ち合わせ場所の高島屋8階「中村孝明YOKOHAMA」へ。


ママチャリで日本一周をして、来月からアフリカへ放浪の旅に出る若者と会う。

若者とは仮の姿で、実は大魔王ポルポルと言う。



多少の縁がありまして、応援しています。

http://poruporu.blog.jp/archives/cat_304856.html


同席してくれたのは、僕が尊敬するイマイヨシエさん。https://matome.naver.jp/odai/2142441918494865801/2142490135245159403

それからウチの長男。


料理は懐石ですが、

僕の分だけ精進にして頂戴、と連絡しておいたら、

お出汁はどうしますか?

と確認の電話をくれるように、丁寧なお料理でした。








お店を出たら、中村孝明さんがいらして記念写真。




次は、来年2月14日15日、涅槃会のお手伝いで鳴門へ行きます。

8日くらいから行きますので、その前後に関西でまた何か予定します。



PR


[ 2016/11/30 13:50 | 米ぞうの家 ]



<< 祈祷のご案内  |  ホーム  |  身も蓋もない話 >>