忍者ブログ


夫婦円満
世界中のお父さん全員が

「妻に国民栄誉賞をあげたい」

と思っているに違いありませんが、


卵焼きにも国民栄誉賞をあげるべきだよね。

と息子が言う。

思い出の中で、卵焼きとお母さんのイメージが重なる人は多いかもしれない。



ところで、

自分で物事を決まられない人のために、「あみだくじ」という優れたシステムがあります。

また、自分で判断できない、自分で人生を切り開けない人のために「占い」や「ウワサを信じる」という方法もあります。


僕らはご祈祷をします。節分もご祈祷する機会。

これはどのようなシステムかというと、

幼い子が遊んでいる時、危険が無ければお母さんは洗濯物をたたみながら子を遊ばせておきます。

でも、何か危険が迫った時、子が、

お母さーん、と叫べば、母親は洗濯物を放り出してすぐに助けに行きます。


このように、子が助けを求める、母親がそれに応じる、この関係が祈祷に似ています。


また、月が鏡に映るように、仏の慈悲と智慧を凡夫が受け取ることを加持祈祷と言います。

仏の慈悲智慧は、自分以外の宇宙自然他者縁者などのあらゆる力、と考えて良いでしょう。

僕ら凡夫には、それを受け取る力が必要です。そのために努力精進しなければなりません。



例えば夫婦円満を祈る時、

関係が良くなるような工夫は必要です。例えば、陰性な女性と陽性な男性は仲が良いでしょう。

しかし、その女性が陽性になれば、男性の陽性と衝突してケンカになります。全ての争いは、陽性毒を抜けば無くなります。

また、相手のことを祈るのは大切な成就法です。相手のことを思わなければ円満になどなりません。

仏はすべての人の心の中におわします。身体は仏の住居であり、仏と心は同一なものです。

だから、自分の心中に向かい祈り、願います。


PR


[ 2013/02/02 06:47 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 食べ物秘密問答  |  ホーム  |  戒名 後記 >>