忍者ブログ


如来警覚
仏教に創造神はいない、というのが特徴。

私も宇宙も元素も、その始まりを探っていくと根本的なものにつきあたる。

モノを分析して元素、素粒子、ニュートリノと見つけ、その先には何があるのか。分割できない最終的なものがあるのか。

その根本的な始まりは、どうやって始まりとなったのか。

それは神さまが創った、というのは外道の思想として仏教では認めない。

縁起とか空とか本不生などと説明するのだけれど、

分割できない全体性がある、というのが密教の立場。

縁と条件によって変化している、互いに相応しているもの、

始まりとか終わりが無い世界。


仏教には、

自力で努力精進して悟りを目指す面と、

浄土の阿弥陀さまのように、僕らを救いに来てくれるという他力的な面の両方がある。


密教に警覚(きょうがく)という言葉がある。

自分の中に眠っている仏の本性を覚醒させることなのだけれど、

慈悲の修行によって、如来が力添えをしてくれる、と云う。

眠っている僕らを如来が起こしてくれる。

子が母を呼ぶと、母が手を差し伸べてくれるようなもの。

思い悩んでいる時に、

風が吹き鳥が鳴いて、ふと気がついて悟ることがある。

その風の音、鳥の声が如来の説法であり、

それに気がつくかつかないかが人生を変える。

気がつくような人間になりたいものである。


このように考えると、

願いをかなえる、または叶えない神仏の姿が見えてくる。

神さま仏さまがいるのに、

僕らはなぜ災害や悲惨な苦しみに出会うのだろうか。

おそらく、
 
神仏宇宙大自然は、人類が滅びないように、ぎりぎりのところを護っている。

だから、僕らには常に困難がある。その困難を克服しようと工夫して僕らは成長する。

そして、困難があるから神仏を信じるようになる。

困難を克服することで、僕らは人生の意味と尊厳を得ることができ、

安らかに生きる可能性が高くなる。

死に向かう安らぎも得ることができる


僕らは健康で順調な時、妄想を自由に操り、その上、勉強不足なら錯覚が生じる。

なので、

神仏は戒めを与える。

ごく普通の生活で 突然見舞われる不幸にも、

如来の深い驚覚 がある。





PR


[ 2017/01/24 11:11 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心は続くよどこまでも  |  ホーム  |  ウイルス感染対策 こうすればOK >>