忍者ブログ


子どもとお寺
曹洞宗の関大徹和尚が、

これからの寺で大事なのは子どもだ、

というようなことをどこかに書いていた。

それは昭和30年くらいのこと。


家族でお墓参りに行ったら、 

墓石を掃除するのは子どもの仕事だ、と僕は思っている。

お線香の束に火をつけるのも、子どもにやらせるのがいい。


お寺は広いから、子どもが遊ぶにはよろしい。

お寺は修行する場所だから、

勉強するにもいい。

面白いものもたくさんある。

下駄をはいている人も見られる。

一人ぼっちで心静かに過ごすこともできる。

子どもに好かれるお寺を考えれば、

今の仏教に関わるいろいろな問題も解決するかもしれない。








PR


[ 2018/11/27 06:06 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 精進のおせち料理レシピ  |  ホーム  |  おみくじを引こう:吉と凶の違い >>