忍者ブログ


密教とイスラーム:破戒は無戒に勝る。
30年近く前、高野山の修行道場で先輩に勧められて読んだ本で、とても面白かった。


『密教とイスラーム』 小滝透 著 東方出版

サウジアラビヤの大学を出てアラビア語の先生をしていた著者が、高野山専修学院で修行。

修行記はいくつもありますが、これが飛びぬけて面白い。

この中で小滝さんは、

密教にもイスラム教にも、

偽悪は偽善に勝る

というような思想があるように書いています。


それで思い出すのが中川善教先生の『絶戯台随想』(高野山出版社)にある、

邪信は無信に勝るか

という文章。

邪信と世間では思われているようなものでも、人は純粋に優しく丁寧になれるかもしれない、
ということ。

無信心よりはるかに良いのではないか、ということ。

昨今の仏教事情、葬儀事情にも通じるところがあります。

そして、同じように、

破戒が無戒に勝る

と中川先生は書いています。

この違いが分からないと、宗教が危険なものになってしまう可能性がある。

この違いが分からないと、心は純化しない。



PR


[ 2016/01/29 05:50 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 昨日のお料理  |  ホーム  |  初不動 >>