忍者ブログ


富岡から東松島へ 原発事故と津波の後 1
3月8日13時半、栃木を出発

北関東道から常磐道に入り、広野インターチェンジで降りて国道6号線を北上。

双葉警察署交差点を右折して左側にあるのが、

ここは旧エネルギー館。

会館時間は16時半までだから急いだのだけれど、

お客さんがいれば開館時間は伸ばすみたい。

東京電力に、

「おごりと過信があった」と云う映画を観て、

過剰なほど丁寧な職員と話をする。

現在、

毎日4000人以上の人が第一原発内で働いており、

原発敷地内の98パーセントは、

防御服ではなく、普通の作業服で仕事ができる、とのこと。

燃料棒の仕組みなど、

初めて知ったことがたくさんあった。



PR


[ 2019/03/10 09:36 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 富岡から東松島へ 原発事故と津波の後 2  |  ホーム  |  ひとめぼれした話 >>