忍者ブログ


巡拝
福島に住んでいる時は県外での用事が多く、栃木に引っ越しをしてからは福島での用事が多い。

人生とはそういうものかな。

久しぶりに郡山へ来た次男が、

広々していいねえ、

暮らしやすかったねえ、

と言う。


野菜がうまいものね。

動物は植物を食べるから、野菜がうまいところは過ごしやすい。


翌日は仙台に。 

国連防災会議が開かれ、両陛下がいらして、国連事務総長も首相も来ているらしい。

縁ある寺で菊地永良尼と待ち合わせ、荒浜の海岸で拝む。



地震津波が来たのは11日だけれど、その数日後に凍死などで亡くなった人がとても多い。

びしょぬれになって、雪も降って、

お母さんもお父さんもいなくて





慰霊碑に刻まれた名前には年齢もある。

2歳、4歳、11歳・・・・・。

寒かったろうな、

怖かったろうな。

今は暖かくさわやかな連台の上で遊んでいるのだろうけれど。


僕らは、

亡くなったかたも残された人も、全員が悟りを開いてしあわせになるまで拝みますから、

どうぞご安心ください。


PR


[ 2015/03/15 05:54 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 希望  |  ホーム  |  行雲流水 >>