忍者ブログ


幸せな人生と平和な世界
先日の講座でお出ししたお昼。

暑いので辛味と酸味とおなかを調える葛を使って。



芥子粉と山芋と吉野葛で芥子豆腐と、夏野菜盛り込み




冷やし中華は、りんごジュースとお酢としょうゆとごま油で。湯葉はさっと炊いて。




それはさておき、 

呼吸を調え、心を観察しながら、慈悲の瞑想をすることで、

血圧が下がり、ストレスが減るので、脳や心臓などの陽性な症状を改善することができますが、

それとともに、

怒りや悲しみを、自他共が幸せに平和になるような力に変えることができます。

なぜなら、

慈悲によって心の平安を得るからです。


宗教的な瞑想修行は、そのようにとても効果的ですが、

食事と生活の工夫によって、心の平安を得ることも可能です。

瞑想によって、怒り悲しみ恐れを、自他を救う希望と勇気と自信に変えるように、

肝臓を癒して怒りを除き、耐え忍ぶ力と自信をつけ、

腎臓に滋養を与えることで恐れを無くして勇気を得、

肺を鍛えることで、悲しみを取り除き、幸福な安心感が得られます。

勇気と自信があれば、楽観的に物事を考えることができます。

不安や迷いや他の迷惑となる煩悩は、悲観的な思考から生まれます。

楽観的に考えることで、静かな心が得られます。

怒りや煩悩は偏見を生み出しますが、

静かな心には偏見が無いので、

現実を正しく認識できます。

それによって、幸せな平和が得られます。 








PR


[ 2016/07/31 11:27 | Comments(2) | 米ぞうの家 ]
1. posted by 坪井  2016/07/31 12:59
芥子豆腐 辛いのですか
興味津々。
2. posted by 米ぞう  2016/07/31 15:45
ピリッとしておいしい。

この季節、ごま豆腐と同じ作りかたで、

枝豆を使った翡翠豆腐、トマト豆腐、きゅうり豆腐など楽しめます。

コメントを投稿する






<< 手の力  |  ホーム  |  智慧と慈悲の問題点 >>