忍者ブログ


心の壁、愛の橋
ジョン・レノンは9をラッキーナンバーとしていたらしい。

しかし、陰陽学の理解で9は凶数。

破壊のエネルギーがあり、一歩間違うと壊れる。

なんだか、ジョンの運命を示唆しているような気がする。


小学校6年生の時、

クラスには、ビートルズ派とカーペンターズ派がいた。

僕は、エルトン・ジョンとのデュエット曲「真夜中を突っ走れ」を聞いてから、

ジョン・レノンの、ビートルズのファンになった。

その曲はアルバム『WALLS AND BRIDGES(邦題:心の壁、愛の橋)』に入っている。

後に、ピンク・フロイドの『The Wall』に心酔して、

僕は壁の中のひとつのレンガ、

その心の壁を崩せば僕の世界は変わる、

と信じた。

『The Wall』の発売から10年後、ベルリンの壁が崩壊する。


ビートルズで好きなアルバムは、

『ホワイトアルバム』と『サージャントペパーズ・ロンリーハーツクラブバンド』

それまでの常識という壁を壊した作品だと感じている。

そして、

映画『イエローサブマリン』のなかで、

「一人ぼっちのあいつ」がかかる場面が大好き。 


受験生だった年の12月8日、

ジョン・レノン死去。

僕はその前々日に新作の『ダブル・ファンタジー』を買い、

ディクテーションをしながら、英語の受験勉強とした。

 
先週の土曜日、

錦糸町の「六弦」という素敵な音楽酒場へ、

SOYA BOXのライブに行く。

ビートルズの曲三昧で、メンバーにカッコいい同級生もいる。

一緒に行った妻は、洋楽にあまり詳しくないけれど、

ビートルズの曲は聞いたことがあるものが多く、楽しかったみたい。


僕は今でも壁の前にいるけれど、

それを壊すより、橋を架けたいような気持ちに変わってきている。




PR


[ 2018/12/17 07:26 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< やめて  |  ホーム  |  道草 野木・間々田編 >>