忍者ブログ


道草 野木・間々田編

鉄道に乗る時、

最近では、SUICAなどのICカードを使うのが主流。

けれども、

新幹線などの特急券や、お得なキップを買う時に利用するのが自動券売機。

その券売機にも種類があり、新しい機種は機能が多く省エネタイプ。

なので、

多くの駅では、古いものから新型へ変わりつつあります。


券売機で発売されるキップに、印字する方式は二種類あり,


古いタイプは熱転写方式、新しいものは感熱方式。


これはMV35という熱転写方式の自動券売機


この古いタイプの自動券売機が、

我が家の最寄駅から、上り電車に乗って、それぞれ二つ目と三つ目、

間々田駅と野木駅にあります。

先日、行ってきました。

東北線上り各駅停車に乗り、野木で下車。

目的の券売機で、間々田までのキップを買い、

自動改札を通り、下り電車に乗る。

隣の間々田で降り、

有人改札で無効印とパンチを押してもらい、キップを手元に残す。

駅員さんが、ちょっと首をかしげる。

記念切符でも特別なものでもないからな。


また隣の小山までのキップを買い、

自動改札を通って、下り電車へ。

小山で下車して、また有人改札。

熱転写方式は印字が黒くて濃く、字体がはっきりして美しい。

印鑑のノリも良く、劣化しにくいので保存も効く。





間々田駅の跨線橋には、

これも今や少なくなった白ポスト。


間々田駅は栃木県小山市、

伝統工芸の間々田組紐と、

ビーチボールの産地。

野木駅は栃木県下都賀郡野木町、

渡良瀬遊水地の入り口。

どちらも関東平野北辺の住宅地で、見た目の特徴は無いけれど、

隣の駅まで「ひと駅の旅」も結構楽しい。

気分転換には、とてもよろしい。

PR


[ 2018/12/16 11:22 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< 心の壁、愛の橋  |  ホーム  |  僕と僕以外のもの >>