忍者ブログ


心は満月である。
仏さまは月輪の中におわしまし、仏者は月を悟りの象徴と仰ぐ。

『大日経』によれば、

悟りとは、実の如く自分の心を知ることであり、

自分の心とは、明るく欠けることのない清浄な光の満月のようである。


そして『吽字義』には、

自分の心を知ったものは、一切を知る智慧を得たものである、

とある。


また、『性霊集』巻第二には、

湖面に映る満月を見ては、ありのままに生きるということを知り、

空中に輝く太陽を仰いでは、すべてのいのちが日の光りの恵みによって生かされていると知る。

とある。


月を拝むことは、

満月の光が白く輝き、すべてのものを明らかにするように、あさはかな分別の影をなくし、隠されていた根源の知を照らしだすこと。


満月から新月へ、そしてまた新月から満月へと月は姿を変える。

同じように、

わが心も、智慧が増すごとにだんだんと明るさを増し、やがて十五夜の満月のように、何の妨げのない心になる。


『秘蔵記』には

心は姿形のあるものではないが、もとより清らかで一点の穢れのないこと、あたかも満月のようである。

とあり、

『菩提心論』には

満月の光が虚空に遍満して、恍惚としてあらゆる計らいを離れたるごとく

悟りの境地は

その明瞭なること満月の潔白にして一切を照らす如くである。



とにかく、

満月の円明なる姿が、まったく悟りを求める心と似ているのである。

僕らの心は満月のように美しいのである。



19年前の9月20日十五夜満月の晩、

オリックスのイチローが日本で初めての200本安打を放ち、

我が家では長男が生まれた。

あの晩、幼い長女と見た月もまた、とても美しかった。


PR


[ 2013/09/21 15:41 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心を全開にする。  |  ホーム  |  凡そ一切の病は貪瞋痴より生ず >>