忍者ブログ


悟りの後
仏像が欲しいので手配してね、

と縁者から連絡があり、

仏具屋さんのナイスガイ・トミーにお願いして、お越しになった大日如来。


大日の智慧の光は、すべてのものを照らし、闇を消す。

大日の慈悲の光は、存在するものすべてを育む。

大日の智慧と慈悲の光は永遠。


大日如来とはあなたそのもの。僕もそう。

または、あなたも僕も大日の光の中にいる。

そしてまた、あなたや僕の身体は如来の住居。

さらには、あなたや僕の中に如来の種がある。

いろいろな言いかたができます。



息子が

悟りを開いた後はどうなるの?

もう、目標が無くなるの?

と聞く。



心を観察して、制御するトレーニングを続けていると「解脱」という状態になります。

心が変容した状態

それまで放し飼いの動物のように、煩悩まっしぐらだった心が、

いつでもイライラし、妬みや疑いや不安だった心が、

変わる。

解脱する前と後では、「自分」とか「自分のもの」という執着が消えています。自他の仕切りが無い状態。

誰を見ても、自分の一番大切な人と同等に見ることができる状態。

でも、解脱という状態では、

「もの」への執着は消えていません。

「自分の身体」のうち、「自分」は消えているけれど、「身体」は実体がある、と思っている。

煩悩は止滅しているけれど、一切を仏と見る智慧は得ていない。


で、

その解脱を越えたところにある「悟り」は、苦を滅する智慧があるので、

世界が変わり、あらゆる仕組みが分かる

という状態。

妄想と錯覚の無い世界。



暗闇では何も見えないけれど、ろうそく一本の光があれば、ぱっと明るくなっていろいろなものが見えます。

幽霊やお化けと思っていたものが、明るくなれば、柳の木や縄だと分かる。

同じように、智慧が無ければ真っ暗で何も見えませんが、智慧の明かりがあれば、すべてを正しくありのままに見ることができます。


仏教では根源的な無知のことを無明と言います。明るくないこと。

全ての苦は無明(迷い)が原因です。


この無明からあらゆる煩悩が生じ、

それは四諦八正道によって取り除かれる、

というのがお釈迦さまの教え。



自分とか我がある、という無明によって

それは変化するものであるのに、いつもあるものと見る無明によって

苦が生じますが、

無明は智慧によって消滅する。

そもそも苦というものが存在しているのではなく、智慧が欠如しているだけ。

智慧が無いから、無いものを有ると見たり、貪ったり執着した入りするのです。

おおざっぱに言えば

智慧=苦を滅する方法=空と縁起=比べない、こだわらない、つるまない、諦める。

悟りはenlightenment

とても明るい。


________________________________________________________________________________________

※穀菜食の舎会員ページ

・「エボラ出血熱を陰陽で考える
附 動物性食品の安全な食べかた」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/0FMqaAjJSGc


・「心の探求」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/tavNsJCDDP4




ご質問などはメール、電話、FAXの他

※Facebookグループ 穀菜食の舎
https://www.facebook.com/groups/788172014568663/

※LINEグループ 穀菜食の舎

でもお答えしております。どうぞ、ご利用ください。時々の情報も載せています。



PR


[ 2014/08/24 11:39 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 爪  |  ホーム  |  穏やか >>