忍者ブログ


春の料理
サツマイモは秋に収穫して、2~3ヶ月貯蔵すると余分な水分が逃げて甘味が増します。

去年のさつまいもはこの春くらいまでがおいしい。



お米を洗ってザルに上げ、水を切ってから鍋に入れて水を入れ、乱切りのさつまいもをお米の上に載せて塩を振り、しばらく置いてから火にかけます。

沸騰したら弱火で15分。

炊き上がったら天地を返し、濡れ布巾をかけておきます。

お米の量が少ない時は水は多めに。

七合以上の時は水は少なめに。

今回は、お米一升、水八合半、サツマイモ1本、塩少々



ごぼうは四つ割りにして皮付きのまま水にもさらさず、鍋に入れて火にかけます。

焦げ付きそうになったら酢か梅酢を振り入れながら炒め、蓋をして蒸し焼きにします。

こうしてアクを甘味に変えます。

玉ねぎと人参を加えて塩を振り、柔らかくなったら醤油で調えます。


さつまいもをスライスしてごま油で焼き、ネギを加えて蒸し焼きします。


刻み葱を醤油に漬けてネギ醤油を作り、生湯葉に載せます。



巻き湯葉とシイタケを薄い塩味で炊き、人参を載せて火を通します。
 
ザルにネギを入れて鍋の中に入れて蒸し、柔らかくなったら取り出します。

醤油で調え、塩ゆでしたブロッコリーと共に盛ります。


___________________________________

※穀菜食の舎会員ページ
料理12か月「美人の基本」
http://shintenan.syoyu.net/%E6%96%99%E7%90%8612%E3%81%8B%E6%9C%88/%EF%BC%93%E6%9C%88%E3%83%BB%E7%BE%8E%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC
PR


[ 2015/03/22 08:25 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心の階梯  |  ホーム  |  春彼岸 >>