忍者ブログ


暑さを諦める。

夏は麦の季節

陽性毒の多い人は陰性な麦がいい。

麦は繊維が多く、粘着性が無いので胃のぜん動が正常になり、お通じによろしい。

押し麦は玉ねぎと炊くと、いろいろな料理に応用できます。 



玉ねぎと押し麦を炊いて、炒めたナスとマーボー仕立て。


それはさておき、

歳をとると、どうでもいいなあ、と感じることが多くなり、それがそこそこの悟りだと思いますが、夏に暑いのもどうでも良いようになります。

暑いだけのことだから。

僕が「在る」ように、夏や暑さも「在る」だけだから。

人生の苦しみとは「思い通りにならないこと」ですが、

暑さが思い通りにならないと感じれば苦しみになり、

夏は暑いのである、という道理をわきまえていれば苦しみではなくなります。

まあ、苦しみと言うほどの事でもありませんが。


それに、

若い時よりも、いろいろなことに身体が追い付いていかないから、まあ、諦めます。

色々な先が見えてくるから諦めます。そうすると、楽になる。


お釈迦さまの悟りのひとつが諦観。

無執著、無分別になること。

あれやこれやと執着し、自他を分別し、

それを諦めないから苦しみがある。

それが無ければ平安解脱

その諦めかたにいろいろあります。


「諦観(たいかん)」は「つまびらかにみる」

ということですが、「明らかにする」ことです。

「諦」は、サンスクリット語・satya(サトヤ)の訳語で、意味は真理、道理。

ものごとの道理をわきまえることによって、思い通りにならない理由が明らかになり、納得して断念する、という思考方法です。


お釈迦さまの最初期の説法に四諦があります。

この迷いの生存は苦である、という現状認識。

その苦は飽くなき欲望から生ずる、という原因究明。

その欲望を滅すれば、苦のない悟りであること。

そのためには正しい八つの方法に依るべきである、ということ。

 
苦しみの原因は自分の中にあるのですが、それを解決する方法として、


1、正見
上記の四諦を知ること。

2、正思惟
貪らない、怒らない、不満を言わない

3、正語
わるい嘘を言わない、二枚舌を使わない、悪口を言わない、きれいごとを言わない

4、正行
意味なく殺生しない、盗まない、邪淫しない

5、正命
規律正しく生活すること

6、正精進
淡々と励むこと

7、正念
冷静に観察して、事実とウワサを区別すること

8、正定
瞑想修行すること

どれかひとつでも、続けようとすれば大丈夫です。

__________________________________

※穀菜食の舎会員ページ

「夏の排毒と夏の料理」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/mWKwQZ5S3lc

「食育概論」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/UGwzYA63shQ

PR


[ 2015/07/21 09:10 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< どうぞ、お求めください。  |  ホーム  |  14-2、三大と死後の行方 >>