忍者ブログ


服を買う
20年ぶりに法衣をあつらえた。黒衣と色衣。

自分で生地と色と仕立てを選んで注文した。



コーディネイトもばっちり、のはず。


息子がズボンを買う、というので僕も同行して買うことにする。

でも、

お店にはたくさんの種類があって、どれをどうしたらよいのかは皆目わからない。
 
妻と娘が

あーでもない、こーでもない

と選んでくれる。


ズボンのサイズ、というのがわからない。

法衣なら、身長と体重を伝えればちょうど良く仕立ててくれる。

何本か試着して決まり、裾上げをしてもらう。チノパンというらしい。


それに合うセーターも、

あーでもない、こーでもないと探してもらう。
 
その下に着るシャツも。


服を買う、

ということは、こんなにも難しいことなのか。

女房娘がいないと服ひとつ買うこともできない。


あれとこれが合う、合わない、

ということが分からない。


そういえば出かける直前、

もっと普通の色の服を着なさい

と妻に言われたけれど、普通の色が何色なのかわからない。 



靴も娘に選んでもらって買う。

どれだっていいじゃないか、

というわけにはいかないらしい 



ともあれ、

サラとかピンは何となく嬉しい。

今日はこれを来て、母校にでも行こうかな。

PR


[ 2015/11/02 06:33 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< けんちん汁を問う。  |  ホーム  |  避難訓練 >>