忍者ブログ


死に際のわがまま
私が死んだらお葬式頼むわね。

なんて言われることがあります。

僕の方が先かもしれないのに

と最近では思わないこともないけれど。



先日は母が

これ、遺影にしてね。

と写真を持ってきた。



散骨の手続きをしてあるから、時間合わせてね

献体登録しているから、ご遺体無しで拝んでね

と、いろいろあります。



いずれにしても、家族遺族にしっかり伝えてください、と言います。

死に際は自分で決められるけれど、死後は身近な人の都合や気持ちもありますから。


例えば献体の場合、死後、お医者さんの役に立ってから、火葬する時に遺族へ連絡があります。

その時、お骨を持ち帰らないで処分してもらう、という方法もあります。

本人はそうしてもらいたい、と思っていても、その時家族がそうしてくれるかは難しい。


自らの死に際と死後のわがままはとても大切、と僕は思っています。

死に際がどうなるか、ぽっくり逝けるかどうかは、脳を作る食事と五感の刺激が大きく影響するでしょう。


さて、僕はどうしようかな。



人にはお釈迦さまやお大師さんのように、何かあればその場でピタッとわかるような鋭い人もいるけれど、何事にも鈍感で時間がかかり、歩みの鈍いのもいる。

僕は後者のようで、唯一僕に面と向かって真面目に意見してくれる妻の言葉を、理解するのにも20年くらいかかってしまう。

その妻の手相には向上線がある、ということも最近気がついた。



例えば、昔の偉人の手記を読む。

そして、自分もかくありたい、と願う。

でも、その手記は参考にもなるけれど、邪魔にもなる。

自分はあのように立派な事はできない、ということに直面する。

できない、届かないことを、どう理解するかが難しくなる。

自分の未熟さが原因なのに、おかしいな、何かがまちがっているんだ、と錯覚してしまうこともある。



自分の分限というものはなかなかわからない。


それでは死に際の準備もなかなかできない。妄想するだけになってしまう。



昭和36年6月3日

臨済の山本玄峰老師は断食後

旅に出る。きものを用意しろ

と短く言われて遷化された。96歳。


その550年ほど前

最乗寺の慧春尼は薪を積み上げ火を放ち

その中で坐禅をして定に入った。

そして

冷熱は生道人の知るところにあらず
(冷たい熱いということが、未熟な僧侶には分かるまい)

と言ったらしい。





お大師さまはこう言う。


迷いの世界の狂人は自分が狂っていることを知らない

生死の苦しみで眼の見えないものは、自分が見えないことが分からない

生れ生れ生れ生れても生の始めは分からない

死に死に死に死んでも死の終りは分からない

(『秘蔵宝鑰序』)


さて、

僕はどうしようかな。





※護摩の案内を更新しました。どうぞご覧ください。
http://shintenan.hanagasumi.net/


PR


[ 2013/07/06 05:14 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 会員用)免疫力を高めるメニュー 7月  |  ホーム  |  不動明王護摩供 特別祈祷ご案内 >>