忍者ブログ


母という菩薩
同級生のご母堂が亡くなり、あふれるほどの思い出を抱きながら枕経。行年80。 

翌日は三浦半島山中の霊園で79歳で亡くなったお母さんの納骨。

良い天気で空が大きく青かった。


息子が今年の春、歩き遍路をして徳島阿佐の海岸から室戸岬、高知、足摺岬まで、何日も左手に大きな海を見ながら歩いた。

海は毎日色が変わり、表情が異なり、美しかったという。


納骨の帰り、

横浜横須賀道路から湾岸高速を、右手に海を見ながら船橋まで帰った。


海は大きい、広い、深い。

その中に多くの生き物が育っている、海が命をはぐくんでいる。

母親とはそういうものであろう。

母の心は海よりも大きく深く広く、子を育てる。


華厳経中、海雲比丘が、

ただ海を12年間見つめるだけで悟りを開いた話を思い出し、

母親はもっとも身近な菩薩なのだと思った。


明日はお通夜。

あんなにもこんなにもお世話になったのに、導師をするくらいしかできない。

もっと早く会いに伺えば良かった。

そんなことを頻繁に感じる世代になっています。










PR


[ 2014/12/01 06:27 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 少し  |  ホーム  |  死後の幸福 >>