忍者ブログ


少し
子どもらが大きな口を開けてバクバク食べているのを見ると、しあわせな気分になります。

おいしそうだなあ、とも思う。


それとは別なおいしさもあります。

お箸で取るご飯やお菜の量をなるべく少なくする。

ちょっとだけ口に入れる。



ほら、それだけでおいしい。

ありがたいなあ、というしみじみとしたおいしさ。



PR


[ 2014/12/01 18:48 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 大根という仏  |  ホーム  |  母という菩薩 >>