忍者ブログ


無塩と乾物

胃が痛いと子が言うので、手相を観たら消化器の線が乱れていた。


梅干しのタネを1時間ほどしゃぶらせて唾液を出し、その後に手相を観たらきれいな線に変わっていました。

かようにあらゆるものは常に変化しており、固定的な実体は無い。

これを諸行無常と言い、空とか縁起の理解につながります。


 


料理には焦がす、揚げる、炒める、煮る、炊く、和えるなどいろいろな方法がありますが、

干す

というのも料理のひとつです。

干すことにより味と滋養が変わり、


基本的には干せば水分が減るので陽性になります。


山一ベジフルから発売されている「そらやの乾燥野菜」が楽しい。
http://soraya.free.makeshop.jp/shop/shopbrand.html?search=
http://soraya.free.makeshop.jp/shopbrand/002/O/


乾物は料理の素材としておもしろい。色々な使いかたがあります。



昨日は無塩食ご希望のお客さんがいらしたので、無塩による陰性を補うためにこの乾物を多く使いました。

 

切り干し大根とコンニャクの煮しめ
ポテトサラダ ドライトマト煮
蒸し野菜の無塩玄米ドレッシング添え 乾燥菊入り





かぼちゃ、にんじん、サツマイモ、エリンギ、干しエノキを素揚げして、レモン汁で和えたマリネ





皮も無塩で作った餃子。具は炒り玄米、白菜、ニンニク


無塩の料理はその陰性で陽性毒を消しますが、火や時間の陽性の外に、乾物という陽性の素材を使うことで陰陽をコントロールできます。

PR


[ 2014/01/13 10:48 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 成人式  |  ホーム  |  寒行 >>