忍者ブログ


生と死の関係性
降灰は「コーカイ」なのに、テレビではみなコーハイと言っているなあ。

灰燼に帰す、の灰なのにねえ。


それはさておき、

次男の担任は微生物が専門。先日、研究室を見学しました。

室内には生き物がいっぱい、見えないけれどね。

大腸菌や乳酸菌など著名菌の他に、危険なヤツもいるらしい

で、

氷点下90数度で保存されていたり、

冷凍保存では停電になると死んでしまうので、ドライイーストのように乾燥して保存されている菌もいる。

極低温でもカラカラの乾燥でも、死んでいるわけではない。

代謝を止めているだけ。

温度を上げれば、水分を与えれば、生き返る 。

すごいですねえ。 

生と死がどういうことなのか、

が、僕らとは全く違う。


そもそも、僕らの生死だってはっきりしていない。

僕らはいつ生まれたのか?

受精の前、後、お母さんの身体から頭が出た時、足が出た時、へその緒を切った時・・・。

死はもっとわからない。

瞳孔が開いた時、呼吸が止まった時、心肺が停止した時・・・・。

宗教的な死もあり、社会的な死もある。

法律上の死はあるけれど、脳死なんてきわどいものも作っている。 


『秘蔵宝鑰』 には、

生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終りに冥(くら)し。

とあり、

だからこそ、迷っている人は自分が迷っていることを知らない

と言います。


誰もが知っているように、

生と死は別々ではなくワンセット。

僕らの体内では、常に細胞が生死を繰り返して、「僕」という概念を引き継ぎながら、僕を存在させています。 

そのような、それぞれ独立してではない、関係性をもっている現象を「空」と言います。

生と死は空であり、お互いが必要。
 
生は死との、死は生との関係性の中にあるもの。


「空」は仏の教えをすべて論じていない不完全な教えである、

というのが真言密教の立場ですが、

生も死も、それがあるという事実に真理を見ようとします。

つまり、

生も死も、迷いも悟りも区別はなく、どちらも仏の表象。

生と死が流れる全体性の中に僕らは生きている、

ということかな。


いずれにしても、

微生物はすばらしい。




PR


[ 2016/10/08 09:37 | 米ぞうの家 ]



<< 観音さまと肺・大腸の関係  |  ホーム  |  ご縁 >>