忍者ブログ


男女の相性
岩原諦信僧正の『星と暦と真言密教』(1958年刊)第五章に「男女相性五原則」がある。

「地球上に数多くの人間が生きている中に我が妻となり夫となる者は唯一人きりである。

不可思議な因縁であるが因縁のみに任せておけないのが吾々の本質である」

と始まる 。

そして、

「結婚の根本問題は実に「相性」の問題であると思う。世間では相性の問題と云えば「十二支」に依る判断と直感するかもしれないが、実はこの問題はもっともっと広く且つ深い種々なる要素を含んでいるのである」

として

第一 補償の法則
夫婦はお互いに「持ち合わせていないもの」を「持ち寄って」相互に「補償し合って」包容の生活を進めていこうとするのであるから、これが都合よく行くか行かないかが吉凶判断を下す規準となる。

第二 一致の法則
二人は相異なっている半面に、一致していなければならない一面を同時に備えていなければならない。この一致点の部分において吉凶の判断を下す規準がある。

第三 調和の法則
家庭の「うまさ」を続けていくには夫婦の間の調味料となるものを二人は如何に持ち合わせているかが吉凶の判断を下す規準になる。

続いて

第四 遺伝の法則
第五 年齢の法則

と分けて説明されている。

基本的に男女の相性は陰陽のバランス、と僕は考えています。
 
自分が比較的陽性なら、陰性な相手に惹かれ、一緒になる。

陰陽の差が大きければ起伏の激しい関係になり、その差が小さければ比較的穏やかである。

相手の陽性が、生活や環境や老化で強くなれば、

こちらはより陰性になるよう工夫すればバランスが取れる。


姿形が陽性なら内面は陰性なので、外見だけで引き合うことは無い。

そして、

陽性な父親には陰性な精子があり、陰性な母親には陽性な卵子がある。

それが受精して、卵子の力がより大きければ男の子が生まれます。


陰陽は自然の法則で、環境時間習慣によって変化します。

女性が陽性に成りすぎれば、元々陽性な男と衝突して別れる、

ということもある。


男女の相性が良いということは、

日と月のような関係で、

学問と実践、差別と平等、慈悲と智慧のように、

互いに離れては存在しない、ということかな。


PR


[ 2017/03/07 07:50 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 病気にならない食べかた  |  ホーム  |  眼は何を見るのか >>