忍者ブログ


秋辛味
夏は酸味で秋は辛味の季節。

大根おろし、ネギ、生姜、とうがらし・・・。

香りの強い野菜には辛味があり、それは脂肪を溶かします。

秋は旬の野菜が豊富、新米もそろそろ

その秋に、
消化吸収を助け、酸毒や陽性を溶かし、お通じや美容にもよろしいのが炒り玄米のドレッシング 。玉ねぎの辛味があります。



作りかたは料理教室などでお教えしていますが、

パスタ、トースト、揚げ物、焼き物、サラダにも合い、カレーやシチューのとろみにも使えます。



圧力をかけた玄米ごはんは強い陽性で酸性なので、食べ物としてはお肉や卵と同じと考えられます。だから、頻繁に食べると酸毒、陽性毒がたまっていろいろトラブルの原因になる。


炒った玄米を炊くと、外皮が壊れてヌカ成分のひとつRBA/RBFが溶けだしてきます。

これに抗がん作用があり、焦げた陽性と、水分が多いという陰性があります。だから比較的中庸。

それを野菜と一緒に料理すれば、玄米のマイナス面は消えて、良いことが増える。


酵素玄米ってどうなんですか、

と聞かれることがありますが、

まず、

酵素は48度くらいで働きが止まります。

だから、

炊いた時点で酵素なんか無い。

でんぷんが糖に変わるだけ

あと、

電気代が無駄にかかることが特徴かな。

野菜の辛味があれば、そんな無駄なものも溶かすかな。




秋のキノコと合うのがたんぱく質。その中で良質なのが湯葉。



きのこたっぷりの出汁で炊き、吉野葛で調えます。

これはお金と手間がかかるので料理教室では作りませんが、ご縁があれば作ってご馳走します。
















PR


[ 2015/09/19 07:35 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 戦争と平和  |  ホーム  |  高野山東京別院 萬燈萬華会のご案内 >>