忍者ブログ


笑ってみる
心は時間や空間の制限がないから自由。

思う世界を広げて、全世界全宇宙を想像することもできる。

その中には、

すべてのものが含まれていて、勿論自分もその中にいる。

そして、

その世界を縮めて自分の心の中に、全世界全宇宙がある、

と想像してみる。

すると、

当然のことながら、自分もその中にいる。

つまり、

心が作った中に、自分の肉体が存在しているということになる。

この心は本来、菩提心という清らかで美しいものなのだけれど、

それが自己の心身を形成していると考えて良い。


菩提心が宇宙いっぱいに広がり

宇宙全体がその中にある。

だから、

肉体も菩提心の表現である。



このように、

ものは思いようだから、

心はどのようにでもなるのだけれど、それが難しい時もある。

そういう時は、笑うのもひとつの方法。

言葉は、

少し寝かせてから、書いたり発言するほうがいい。

書く前、しゃべる前に笑う。



かつては笑いあっていたのに、最近はそれを忘れているなら、

笑ってみる。

コンビニのレジでも笑ってみる。

ひとりの時も、

空や海を見ても笑ってみる。無理やりにでも。

それを続けていると、笑うのが普通になる。

すると、

笑顔が、希望や自信や楽観的な思考に結びつき、

いくつかの困難に打ち勝つことができるかもしれない。




PR


[ 2017/09/26 11:03 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 言亡慮絶   |  ホーム  |  ひとめぼれ >>