忍者ブログ


中指は自分

人差し指は連れ合い

小指は子ども

の状態が現れます。

その指に元気があるか、力があるか、色ツヤがどうか、

まっすぐか、曲がっているか、

仲良く並んでいるか、離れているか

などで、関係と症状を観ます。


いづれにしても、

夫婦親子などの縁で、自分は存在しています。

その他にも、

自然環境や社会の関係、いろいろな縁と条件で僕らの存在がある。

それらの縁が変われば、今の僕とは違う存在になるかもしれない。


よくよく考えてみると、

普段の生活でもっとも影響している縁が食べ物です。

日々の食べ物が身体や脳細胞を作り、それが変われば体調も変わります。

僕は少し断食をしたことがあり、

食事を摂れないくらいの体調不良になったこともある。

自分の意志で食べないのは快適だけれど、

食べられないのはずいぶんと苦痛。


身体は食べ物という縁によって動き、はたらき、変わり、

どんな縁に遇うかによって人生は変わります。


今はインターネットによって、

ひとり部屋にこもっても、ネット経由で縁ができます。

だから、

ネットで人生が変わってしまう。


『性霊集』に、

大きな石は沈み、小さな蚊や虻は遠くまで飛べないけれど、

船に載せれば石は沈まない、

鳳の羽につかまれば、蚊虻も遠くまで飛べる

というのがあります。 

つまり、

自分は大したことのない、つまらない人間であると感じても、

縁によれば、沈むこともなく遠くへ飛ぶこともできる、

とすれば、ありがたい。 


縁によって、迷いも悟りに変わる筈であり、

この縁を「師」とも云います。




 

PR


[ 2018/09/30 16:03 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 心の重要な問題 1  |  ホーム  |  体調不良日誌 >>