忍者ブログ


縁起物
春は新しい芽が出て花開く季節だから縁起が良い。

大切な修法には、反物や美濃紙などを巻物にし、仏布施というお供えにします。

巻物は特別なもので
縁起物

春巻きも春の縁起物

具にする
春雨は、春の静かな雨のこと。
 

芭蕉『笈の小文』に
 

春雨の木下(こした)につたふ清水かな 

がある。
豆そうめんとも云う。


 


ノカンゾウはさっとゆでてパスタと酢味噌で調える。

菜の花は塩茹でして甘塩を振る。

春の陰性な苦味と酸味は、古い陽性を溶かして肝臓の滋養になります。

陰性なアルコールも砂糖も油も、たまっている間に陽性になります。 

健康と知能のためにはヘモグロビンが必要で、

クロロフィル(青い野菜)と良い呼吸がヘモグロビン(赤い血)になる。 

 
春の青菜の苦味辛味をどれだけたくさん食べるか、適切な呼吸をしているか、

それが初夏以降好調不調の差になるだろうな。

心身が好調なら縁起が良くなる。






PR


[ 2017/03/27 16:16 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 信仰  |  ホーム  |  心地よい店 >>