忍者ブログ


罪障消滅
夏ミョウガが採れはじめ、摘んですぐに刻んで醤油をかけて、



山椒、紫蘇、エゴマのかき揚げを載せて。

来月後半には、秋ミョウガが採れるようになります。


さて、

ここ数日は涼しいですが、

暑くてだるくて何もやる気にならない、という時、

心はより強いものへ向きますから、

暑さよりも強い思い、あれを食べたいそれを飲みたいこれをやりたい

などの思いが強ければ、暑さはどうでもよくなります。

ただ、暑いだけ。


人は他と比べることで苦しみも安心も得ます。

暑いと思っても、もっと暑くなれば暑くない。

外へ出て草取りをすれば、その後はそれより暑くないから暑くない。


それに、

発汗して陽性が抜ければ暑くない。

暑いのは陽性だから。

陽性体質だから陽性な暑さに弱くなる。

だから、

陰性な食事にすれば暑くなくなる。暑くても大丈夫、ただ暑いだけ。


暑いと感じるのは自分です。

自分とは何かと考えると、

自分の外側に自分は無く、内側を探してみてもこれが自分だ、というものは無い。

自分という固定的なものは無くて、

いろいろなものが集まって自分というイメ-ジを作っているだけ。

自分というものが無いのですから、

暑いと感じる主体が無い。なので、暑いというのは錯覚か妄想です。


人間関係や仕事も同じ。

イヤなことがあっても、

そう思うだけのこと。


人は生きている間のいろいろな行為が、心の流れに付随して、思いや感情をつなげています。

暑いと思い、次の瞬間にはそれを忘れ、また次に暑いと思う。

この心の流れは、物質とは違うので、意思によって変わります。

例えば、

自分が誰かに嫌われている、と感じた場合、

嫌われるのは自分の言動が相手にとっては好ましくないから(倫理的でも論理的でも無い、ただの感情)

と考えられます。

でも、

嫌われることによって自分の言動を振り返り、

おそらく好ましくなかった言動は消滅します。

つまり、

嫌われるという罰を受けて業が消滅する。

嫌われることで自己の存在意義が出てくる。

同じように、

暑いという罰によって、

悪業は消滅するかもしれない。





PR


[ 2016/07/23 08:23 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 終わりの無い完成  |  ホーム  |  肉と魚の違い >>