忍者ブログ


肉と魚の違い
早めに収穫したジャガイモは、早めに食べたほうがうまい。

炒り玄米と合わせてポテトサラダを作り、その後はコロッケに。


 

収穫が遅れたナスは、輪切りにして焼いてから鏡汁に。




さて、

病気と健康、安定した心と不安な心

これらの違いは、陰陽のバランスをどのようにとっているかで変わります。

たとえば

塩気の強いものやお肉をたくさん食べていると心身は陽性になります。

夏になると陽性になります。
 
急いだり興奮すると陽性になります。

この時、

心身はバランスをとるために陰性なものを欲します。

陰性なものには、

砂糖、アルコール、酢、香辛料、化学的添加物、野菜、きのこ、海藻、果物などがあります。

そのうち、どの陰性によってバランスをとるかで、ずいぶんと体調は変わります。





http://fooddb.mext.go.jp/

この表を見ると、

(NaとMgが多いものが比較的陽性、KとCaの多いものが陰性。

CaよりPが5倍以上あるのが所謂酸性食品)

乾物が陽性なのは当然ですが、肉と比べると魚はだいぶ陽性です。さらに、チーズは干した魚よりかなり陽性。

卵も陽性ですが、かなり酸性。

エビは無脊椎動物(骨が無い)なので殻が固い。

身体の一番外側が固いのは、陽性にして陰性な中身を守っているからですが、

陽性な構造の中身は陰性になるので、比較的陰性なカリウムが多くなっています。

脊椎動物の場合は骨があり、それは陽性な中心で固い陽性ですから、成分は陰性なカルシウムが多くなります。

陰性は陽性の5倍以上あれば陰陽のバランスが取れますので、肉の5倍以上の陰性を摂っていれば良いでしょう。

これは、肉じゃがや煮込みなどのように、一緒に料理来することで効果があります。

味噌煮も大豆の陰性があり、梅干にはクエン酸の陰性があり、動物性の陽性を消す調理に有効です。

まあ、量の問題ですね。



料理では、

香辛料の陰性と殺菌力、5倍の野菜の陰性でバランスをとれば、余分な陽性は消えますが、

表のように、魚やチーズは陽性がより強いので、より多くの野菜が必要になります。

それらは肉の倍、陰性が必要と見てよいでしょう。

ワサビ芥子などの香辛料を使い、

ネギなどの香味野菜と調理し、

みかんやかんきつ類を多く食べる

などで楽しみましょう。





______________________________

※陰陽研究塾

「乾燥野菜の陰陽について」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/inyoukenkyu/nWIRX0fEZ2U

「ガンになる組み合わせ」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/inyoukenkyu/X43hioDLo_8



PR


[ 2016/07/21 11:58 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 罪障消滅  |  ホーム  |  自己が最勝の武器となる。 >>