忍者ブログ


諸悪の根源

あらゆる迷い苦しみは「三毒」が原因と仏教では考えます。それは、


1、貪り

まあ、いいか、と諦めれば良いのだけれど。

腎臓が悪い人(タンパク質が過剰な人)はそれができない。

2、怒り

笑って済ませれば良いのだけれど。

肝臓が悪い人(脂肪が過剰な人)はそれができない。

3、無知

無知は無智とも無痴とも無癡とも書きますが同じこと。

貪りも怒りも無知ゆえに生じます。

だから、

すべての原因は無知。


『大日経』六十心にある癡心は

他人の言葉をうのみにして、是非善悪をわきまえない心。


噂話や、テレビや新聞で得ただけの情報で、

理論的バックボーンの無い話を真面目に扱う人のことですね。勉強しないこと。


ちなみに大日経では、

この六十心(実際には人の心は百六十心に分けられる)をひとつひとつ分析して観察し、

そのコントロール法をトレーニングして、実の如く自心を知るのが「悟り」

しかし、

金剛頂経では、

その長い観察過程を、仏をイメージして真言を唱えるだけで代替できるようになります。



また、

今の自分の(自分流)の意見が正しく、

それは昔も同じである、他の世界でも同じである

と思うことも、無知です。

事実ではなく感想に重きを置くのが無知。


昔は違う考えかた、立場であっただろう。

他の地域では違う意見だろう

と考えるのが正常 。




20年ほど前、肝臓病を治す呼吸法は3回呼吸するだけ、

と藤平先生から教わった時、

本当にそれで良いのかと思い、

自分では10分20分30分と、

長く続けたほうが効果があると思って実践していました。

でも、

ここ数年、僕の修法時間も短い。 

昔は、できるだけ長時間座っているほうが効果的と思っていましたが、そうでもない。
 
一分間に一呼吸くらいなら、

三回呼吸すれば十分効果的です。


このように、

身体が覚えるには時間がかかる。


無知はこのようにトレーニングでも除かれるから、

何事も淡々と続けるのがよろしい、

と考えています。


PR


[ 2016/09/13 08:49 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 陰陽研究塾 今月の記事(リンク)  |  ホーム  |  人に固有の性質は無い >>