忍者ブログ


鎌倉
小学校の修学旅行が鎌倉横浜で、バスの中で唱歌「鎌倉」と「真白き富士の根」を歌い、今でもそらで歌えます。

大学在学中は4年間、毎年鎌倉鑑賞会に参加して、いろいろ勉強させてもらった。

坊主になって、鎌倉三十三観音巡礼と精進料理、という会を開いて、信者さんを連れて何回も歩いた懐かしい町です。


鎌倉にも精進料理のお店はいくつかあって、それぞれおいしいところと、まったくダメなところがあった。ご飯もちゃんと炊けない、お金を取るレベルでないお店もあった。

今はどうしているのだろうか。


今年の春

次男と江ノ島へ行ってから小町通りを歩いて、鎌倉野菜のカレーを食べた。



先日、家族と鎌倉を歩いた。

藤沢から入り、江ノ電・ 腰越付近の併用軌道を通り、しらすの看板がある蕎麦屋で昼食。

鎌倉郵便局裏の駐車場に停めて、鶴岡八幡宮まで歩き、帰りは駅前通や小町通り。

若宮大路の段葛は工事中で歩けなかったけれど、七五三と結婚式でにぎわう鶴岡八幡宮はなかなかおもしろかった。






あの銀杏、本当にあの時代にあったのかどうか、

ちょっと疑問である。


帰り道、

僕は白木の羽子板と、箸を買った。


PR


[ 2015/11/11 18:42 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< どくだみ庵訪問記  |  ホーム  |  ふたもじ >>