忍者ブログ


どくだみ庵訪問記
きり絵作家・冗快さんのどくだみ庵へ、以前に買った作品を受け取りに。



京都・青蓮院の青不動は僕がもっとも心惹かれる仏様のおひとりだけれど、

冗快さんの青不動も素敵。


先月、金乗院・加藤純章先生から教えていただいた珠玉のような言葉を,オレにも聞かせろ

と言うので、

アビダルマ倶舎論における存在の分析について話そうとしたけれど、

仏教用語をまったく使わないで分かりやすく伝えようとしたら、

3年くらいかかりそうだから勘弁してもらう。


 
きりたんぽ鍋を作る。他人の家で台所を使うのは楽しい。



秋田では鶏とセリが必須だけれど、

えのき、しめじ、ねぎ、油揚げ、焼き豆腐の精進鍋で呑む。


僕は最近、懸垂が趣味だけれど、還暦を過ぎた冗快さんは、毎日ベンチプレス40キロを21回上げている。


酒の席では、

とりあえずビール

と言う人がいる。

とりあえず、なんていうビールがあるものか。


何飲む?

と聞くと、

ビールでいいです

と言う人がいる。

でいい、とは何事だ。だったら何も飲むな。


だいたいねえ。

酒をちゃんと飲まないから、みんな悪さをするのだ。

飲めば、悪さをする金も無くなる。

酔いつぶれれば寝るだけだから、悪いこともできない。

もっと、酒を飲め

下戸に善人はいないのだ。

などと、酔っ払いの会話はだんだん乱暴になる。


納豆パックの裏には絵が描かれている。
 


 
奥さん不在で出かける時、

これを玄関に置いておけば、それを見つけた奥様が、

ああ、洗濯ね、OK。

と理解してくれるらしい。


 


PR


[ 2015/11/12 11:23 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ご馳走とうまいもの  |  ホーム  |  鎌倉 >>