忍者ブログ


B級食通
僕が僕の家族を大切に思っているように、僕以外の人も自分の家族を大切に思っている。

僕以外の僕も僕と同じなのである。

ということは、

家族だけでなく人間すべて誰かにとって大切なのだから、傷つけたり殺したりしてはいけないのです。

誰かを殺めるのは、家族を殺めることと同じ
 
と言ってもいい。


それはさておき、


ビビンバというのは彼の国のみならずポピュラーなものでしょうが、混ぜご飯ですね。

混ぜご飯は正式な膳ではないけれど、祝いの膳にはよく出される不思議な料理です。

それひとつで、後はおすましでもあれば食事になるので至極便利。

野菜などの具をご飯と一緒に食べるのは胃腸によろしい。野菜がご飯の消化酵素になりますから。


他にも、

季節の具を彩りよく載せた芳飯(ほうはん)

元は漢方などの薬となるものを混ぜた加薬ごはん

ご飯の上に豆腐やうどんを載せたうづみ飯

魯山人の書物に出てくる納豆の茶漬け、海苔の佃煮茶漬け、てんぷらの茶漬け

もうまい。

若いころは肉屋で買ったコロッケをご飯にのせ、お茶をかけて食べるのがごちそうだった。
 




モヤシと小松菜は塩ゆで

ザーサイは塩抜きしてからネギとごま油で和える

人参はごま煮

キムチはリンゴと乾物の梨で漬けた精進もの

これを温かいご飯に載せて精進のビビンバ。


韓国の焼肉とキムチは良い組み合せで、キムチの酸味が肉のたんぱく質を 、
辛味が脂肪を溶かし、生の具が消化酵素になる。

肉じゃがや煮込みと同じで、動物性食品を食べる方法として秀悦。

もやし、大きな葉野菜、葱、キノコのスープを添えれば完璧。



ピザも考えて作ればなかなかよろしい。 

チーズは干した魚と比べてもかなり陽性ですが、これをマッシュルームの陰性、

トマトの酸味タバスコの辛味と合わせればとてもいい。

タバスコの塩気はかなり陽性なので、自然と陰性も強く作られ、その陰性な辛味が脂肪を溶かす。

バジルを使えば、その陰性がさらに効果的。

チーズなどの陽性が強いものは心身トラブルの原因になりやすいですが、斯様にして量を気にすればよろしい。

スープはオニオンとワカメと青味とコショウ、飲み物はかんきつ系。



※参考

食品 Na K Ca Pの順で


マッシュルーム



   0.6



35



   0.3



 10



タバスコ



126



26



  3



   4.8



トマト



  5



  346



11.5



 43



エダムチーズ



195



16



165



117



煮干し



  17



12



  22



  15



削り節



  14



24



   1.4



  20



 


PR


[ 2014/03/07 11:11 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 一子の愛と信  |  ホーム  |  中道中庸 >>