忍者ブログ


うまいものの話
家電リサイクルの手続き搬出とか、護摩壇を破檀するためにインパクト・ショックドライバーを使うとか、ブックオフに600冊売るとか、この歳になって初めてのことが続いております。

当地で最後のお食事にいらしたお客さんと歓談。

先付は生湯葉と生わかめ 、敷き醤油で。




ひとつの皿に盛るのは失礼で品が無いのだけれど、やむを得ず、

ひじきこんにゃく、ごぼう湯葉煮、浅漬け
 




炊き合わせ。

 飛龍頭、凍みこんにゃく、えりんぎ、人参、油菜




台所を覗くと、妻が残っていた生湯葉と生ワカメをご飯に載せ、

醤油をかけて食べていました。とてもうまそうだった。


うまいと言えば、 

僕は10数年前、東北に来て初めて三陸産の「焼きマツモ」を食べて、世の中にこんなにうまいものがあるのか、と思ったけれど、震災でずいぶん被害があったらしい。

 
同じ岩手県には、岩泉の「栗しぼり」という、とても繊細で上品な和菓子があります。


岩手の新酒米「結の香」を使ったお酒を酒造会社6社が共同販売を始めて、
http://morioka.keizai.biz/headline/1300/

「鷲の尾 結の香」をいただいて飲んだけれど、なんとまあ上品でかつコクがあり、うまい酒です。
http://www.washinoo.co.jp/


東北ではエゴマがポピュラーですが、あれをすって醤油で調え、青菜やキノコと和えるとうまい。

豆腐とすり混ぜてウドンの出汁にする地域があるけれど、これもうまい。



ところで、妻が図書館や幼稚園に読み聞かせに行っても、すり鉢やすりこぎを知らない子が多いらしい。

ゴマ、とろろ、豆腐、エゴマ・・・。

すらないのかなあ、もったいないなあ。



昨日は市のごみ処理場に380キロのゴミを搬入しました。

毎週のように同じくらいの量を運んでいます。

ゴミ屋敷に住んでいたとは思っていないけれど、なんとまあゴミは出るものです。

 
僕もゴミにならないように、人様のお役に立って、うまい人生にしたいものです。




PR


[ 2014/04/11 06:28 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< もっと大きな自分  |  ホーム  |  理由 >>