忍者ブログ


幸福な耳


気候気温によって野菜の切りかたや料理法を変えますが、暑い時は酢で調えた野菜炒めもいい。

油揚げとキノコ、玉ねぎを炒め、しんなりしたらキャベツや人参その他好みの野菜を重ね、塩コショウ。ふたをして蒸し焼き。 

火が通ったら鍋肌に酢をじゅわっと回して仕上げます 

疲れの原因のひとつ、たんぱく質の摂り過ぎを、酸味はよく溶かします。 


それはさておき、 

僕は電車に乗ると周囲を見回します。 

髪で隠れている人も多いけれど、見える範囲でもいろいろな耳がある。 

大きい小さい 

堅そう、柔らかそう 

位置が高い、低い 

タブが大きい、小さい 

色が明るい、暗い 

広がっている、寝そべっている 

かわいい、かっこいい 

ピアスとイヤリング 


耳は腎臓の様子が現れます。腎臓は勇気、同情などの心と関係があります。 


以前は他人の耳を見て、 

ああだこうだと勝手に思っていたものですが、最近ではどこの誰の耳を観ても懐かしいような気持ちになります。 

ああ、あの人の耳に似ている。 

もう三回忌が過ぎたなあ。 

どんな耳の人でも、 

生きていてさえくれたら嬉しい 。


お大師さんは『声字実相義』の中で 

森羅万象を構成している地・水・火・風・空の五大には、みな響きがある。 

天界も地獄もあらゆる世界は言葉をもっている。 

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・意識という六種の認識対象(六塵)は、ことごとく文字である。 

さとりの当体とは、この世界のあるがままの姿である。 

と言っています。 


僕らが言葉を発すれば空気が動くように、大自然の中では何かが動いて声となっています。 

お大師さんが言う声字は、僕らの言葉だけではなく、あらゆるものの響きそのものを声字としています。そしてそれが仏のサインであると。 

あらゆるものは響きを伴っています。そうでなければその名前も意味も生じません。 


あらゆる音が聞こえます。これは僕の耳が刺激されているだけ。 

でも、その声を 

「あなたの声だ」

と判断するのが法塵という、意識の奥にある僕が全身で感じる世界。 


耳や口や鼻だけではない世界。 

それが「あなたの声」 

それが聞こえる耳は幸福。 


_________________________________ 

【穀菜食の舎会員ページ】 
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/D8jkbrT0onQ 

内容) 
・原発事故などで放射性物質が心配な時、味噌を摂ると良いのか? 
・粉炭の効果は 
・野菜のおこげと魚のおこげに違いがあるか 
・フノリの効果は 
・葛と汗で排毒するものは 
・昆布出汁とかつお出汁について 
・肉と添加物について 
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/D8jkbrT0onQ 



※引っ越し後一段落しました。お料理教室など出張できますので、ご連絡ください。 

こちらの予定はホームページのカレンダーに載せています。空いている日時をご指定ください。http://shintenan.hanagasumi.net/ 


※新住所と電話番号 
〒329-0412 
栃木県下野市柴762-14      須永 晃仁 
電話・FAX:0285-35-4901 

よろしくお願いいたします。

PR


[ 2014/05/14 17:44 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 智の視点  |  ホーム  |  ふたりの履歴書 >>