忍者ブログ


under control

春に多い、出会いと別れ。


数年ぶりにある人が帰ってきた。

駅まで迎えに行き、

改札口の向こうに顔が見えた途端、僕は心弾んだ。

その人は


僕の前に来ると、恥ずかしそうに下を向き、

深々と頭を下げた。

涙をこらえているように感じたので、

僕は、肩に触れようとした手をひっこめ、

ただ会釈をして

お帰りなさい、と言った。


長く一緒にいた人が、遠地へ旅立った。

送って別れる時、

その人は唇をかみ、直立不動で軽く会釈をした。

必死に感情をコントロールしているようだったので、

僕も、伝えたいこと話したいことみな、封印して、

ただ、

お元気で、

と手を振った。


やりたいことがあれば、行きたいところがあれば、

旅立とう。

多くの人は、それを我慢させることを望んでいない。

可能性の中へ出かけよう。


PR


[ 2019/04/04 16:24 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 夢を陰陽で考える  |  ホーム  |  自分のケツは自分で拭く >>