忍者ブログ


道草 亀戸辺り編
人生は旅である、

などという文章を見たことがあるような無いような。
 
お大師さんは、

「迷いの世の人々は

 あたかも宿屋における客の如くである

 しかも、その人々の一心こそ、

 仏の本心にして本来の住居である」

と『秘鍵』で云っている。

人生は旅、ということになるだろうか。


ちなみに、一心とは、

自分のことしか見ない心ではなく、

すべての人の楽しみも苦しみも、宇宙全体を観る心。


それはさておき、

いつもと違う道を曲がれば、それが旅の始まり。
 
普段は東武伊勢崎線が乗り入れる半蔵門線で錦糸町まで行き、

JR総武線に乗り換えるのだけれど、

過日は曳舟で降り、東武亀戸線に乗り換える。



全線3.4キロ、途中駅みっつの短い路線。

日中でも10分ヘッドで走るのはやはり都会である。


途中の東あずまで下車。

「東あずま」は東の東ではなく、東の吾嬬町(あづまちょう)



赤いのも黄色いのも、

東武のリバイバルカラー塗装。他に深緑色がある。


終点亀戸でJR総武線に乗り換え、いつもの道程へ戻る。




別の日、

亀戸駅から明治通りを新木場方面へ歩く。

小名木川橋で待っていれば、

やってきたのはEast-i-D



信号、通信、軌道などを測定する検測車、ドクターイエローの仲間。

ここは越中島支線という貨物線で、

通常は越中島貨物駅へレール輸送の貨物列車が走る、非電化(ディーゼル機関車)路線。



線路沿いの一部には、南砂線路公園があり、
 
一日3往復の貨物列車が見られます、

と看板にある。 


今回のこの列車、

新小岩発12:21→越中島貨物駅着12:29で、
 
帰りは13:42発と思っていたのに、すぐに折り返してきた。



この締川踏切に戻ってきたのは13:03 

鉄道ダイヤ情報に載っている時刻とも違う。どうなっているのだろうか。

何かミステリーに使えるかな。



仕事帰りの僧形で、荷物も多く、重ね着しているからとても暑い。

歩く元気がなくなったので、都バスに乗って東陽町駅へ。

そこから地下鉄で帰る。


今年の夏は暑いのに、

キレイな青空と入道雲を見ない。

夕立が懐かしい。






PR


[ 2018/07/26 14:52 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< 生死涅槃 1  |  ホーム  |  不調が治るしくみ >>