忍者ブログ


道草 富士山編
いつもは直進するけれど、

たまには右か左に折れてみる。

するといつもと違う風景がある。

これが道草。

しなくてもいいことをする、

行かなくてもいいところへ行く、

なぜそうするかといえば、面白いからである。

僕の人生も道草が多く、

なかなか目的地へ着かない。


富士霊園に義父母が眠っているので、

時々お参りに行く。




富士山がきれいに見えるのは稀である。


新幹線でも、

富士川鉄橋以西で大きな姿が見られるけれど、

曇っていることが多い。

羽田から西行きの便に乗れば、

眼下に富士山を見ることができるけれど、

これも雲で隠れていることが多い。


車では、

東名高速で厚木を過ぎればどんどん大きく近づく富士山が見える。

これも晴れていれば、である。


今回は墓参りの後に、

沼津方面長泉町のIZU PHOTO MUSEUMへ行き、

「澤田教一 故郷と戦場」展

を観る。

若い頃、

尊敬する人物と云えば、ロバート・キャパと沢田教一だった。

12月25日(月)まで開催、皆さまにお勧めします。

http://www.izuphoto-museum.jp/ 

http://www.izuphoto-museum.jp/exhibition/217700371.html


一緒に行った娘から、

富士山の名物は何?

と聞かれたけれど、特に思い浮かばなかった。


周辺にうまい蕎麦屋がある。

「おもだか」は満席で人が並んでいたので、

「ふく田」で、娘は天せいろ、妻はお菜附きのもりそば、

僕はもりを二枚。

十割そばで天然わさびである。

















PR


[ 2017/11/14 09:28 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< 子どもの嗜好を左右するもの  |  ホーム  |  知性と感性 >>