忍者ブログ


道草 恵比寿編
恵比寿駅の南、

ガーデンプレイス内に東京都写真美術館がある。

今年の正月、長男と出かけ、

ユージン・スミスの写真展とゴッホの映画を観た。


その半月後

恵比寿駅東方 恵比寿橋近くの「NADiff Gallery」で、

森山大道の写真展「景」を観る。

このギャラリーは楽しい。


映画を観た後は、

その主人公と自分を重ねてしまうように、

僕も写真家になった気分で恵比寿の街を歩いて撮った。



恵比寿橋は渋谷川に架かる橋である。

都会の川はコンクリートで固められ、

川というより排水路のようだけれど、

水が流れていれば心が少し和む。

そして、

川を観ると、都市計画の不細工さがよく分かる。


情趣のない川が流れる町で、何か情趣を見つけようとする。

すると、

情趣ある人間になるだろう。


陽が暮れてきたので、

妻、長女と待ち合わせをしている 駅近くの「板蕎麦 香り家」へ。

太い田舎そばで熱燗をやってから、

恵比寿天窓.switchでTANEBIのライブ。


21時過ぎまで起きていることはあまり無いので、

久しぶりに夜景と夜空を眺めた。





PR


[ 2018/01/29 10:46 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< うれしい たのしい  |  ホーム  |  どこからどこへ >>