忍者ブログ


道草 船橋編

しいたけは春秋に採れますが、


その間はキクラゲが旬。


比較的陽性で、カルシウムがリンの倍以上あるから、抗酸化に優れている。


 


きくらげと油揚げのあんかけ



それはさておき、


久しぶりにサイクリングに出かけた。

快晴で風が涼しい朝、

息子の自転車を借りて8時50分に出発。

まずは船橋市医療センター近くの北谷津川を目指す。

船橋は人口60万を超す都会だけれど、この辺りは畑や森が多い。そして坂が多い。

用水みたいな川だけれど魚も泳いでいる。

両側の道は柵がないから開放的で走りやすい。

念田川と合流して八栄(やさかえ)橋からは海老川となり、

両側は桜並木で、春は美しい。

川にかぶさるように枝が伸びているから、花筏もたくさん流れる。

両側に歩道があり、ジョギングの人が大勢。

下って海へ向かうけれど、サイクリングロ-ドではないので、歩行者ランナー優先。

市場を通り抜け、JRや東関東道をくぐり、河口の船橋橋に来ると、もう海である。

この辺りが本来の船橋、貝と海苔の産地。 

船橋は船を並べて橋としたものだけれど、船橋橋というネーミングはすごいなあ。


南へ向かうとららぽーと。昔の船橋ヘルスセンターがあったところ。

ここまで約7キロ


さらに倉庫が並ぶ埋立地を進む。

海に接した波止場や岸壁は立ち入り禁止なのだけれど、釣りをしている人が多い。

さらに太平洋方面へ走ると、

三代目南極観測船「しらせ」が停泊している。



船は大きく、見ているだけで気分が良い。

この岸壁も進入禁止だけれど、船内は時々公開され、

向かいにあるサッポロビール園からの見学ツアーもある。


ここから東南の幕張方面へ進む。

倉庫の町を抜けると広い通りに出て、

ラウンドワン やイオンが並ぶ通りは、ランニングとサイクリング用の道も沿っているから走りやすい。

千葉マリンのスタジアムを過ぎて、幕張の浜へ。


自転車を止めておむすび休憩。

ここは遊泳禁止の浜だけれど、散歩や砂遊びには楽しい。

眼を細めて海の向こうを見ると、サンフランシスコの金門橋が見える(わけがない)


帰りは成田街道を走る。歩道橋や上り坂が多い。

行列のラーメン屋がある。

ラーメンはそれなりにうまいものだけれど、

あれは本当にうまいのかどうか、よくわからない。

だんだんお尻が痛くなり、立ちこぎしながら13時半に帰宅。

走行距離は約30キロ。

PR


[ 2017/09/05 16:27 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< 高血圧あれこれ  |  ホーム  |  聖俗の立場  >>