忍者ブログ


道草 西銀座編
ガード下が好きである。

なぜかといえば、

列車の走行音が聞こえるから。あの音で心弾み胸躍る。

鉄道はその構造上、

カーブが緩やかで優しく、

道床の幅も車が走る道路の半分以下で、環境に優しい。

しかし、

レールも車両も重たいから、

その造りは頑丈で堂々としている。

気は優しくて力持ちなのである。


国会図書館の帰り、

地下鉄有楽町線有楽町で下車。

日比谷側に出て南へ歩く。

僕が若いころ、

日比谷は映画を観に行く街で、

飲みに行くのは数寄屋橋側のガード下だった。


有楽コンコースを左に見て、晴海通りを渡る。

もつ焼き「登運とん」があるガード下に入る。

さあ、

昼間から飲める極楽街の始まりである。

隣はてんぷら「天米」

その隣を右折して、ガード下通路へ。



配管がむき出しで、壁は工事中。

狭い通路の両側に飲食店が並び、

あの、昼間の酒場のにおいがする。



引きずり込まれそうな「有楽町産直飲食街 ぶんか横丁」
http://www.sanchoku-inshokugai.com/yurakucho/

を過ぎ、帝国ホテルがある通りに出る。

その道を渡ると「インターナショナルアーケード」「新橋駅近道」の看板。



この先は店が少なく、事務所と元事務所が並び、壁は崩れたように汚く、

破れた大きなポスターが、気味悪さを演出している。

さっきまでの、

汚い、臭い、うるさい通路から、

薄暗い、湿っぽい通りに変わる。

ここは、

西銀座JRセンターという名称らしく、ガード下だから当然、JRの敷地である。

車は進入禁止、二階へは立ち入り禁止、通路にトイレなし、写真撮影も禁止。

昭和の文化遺産としてもらいたい場所である。

しかし、

人通りはずいぶんある。近道をするサラリーマンや学生だろうか。


半地下の駐車場を抜けると新橋側の出口。

ここから先のガード下は通れず、

東か西へ折れて、線路の両側の道を歩いて新橋駅へ向かう。

明るく賑やかな都会の風景が現れる。


PR


[ 2017/09/22 08:26 | Comments(0) | 道草 ]

コメントを投稿する






<< ロボット僧  |  ホーム  |  般若心経小釈 >>