忍者ブログ


止息

 悩み、不安、迷いは煩悩であり、心の純化には無駄なものです。

 望診では、掌神経系の線によく表れます。悩んでいると短く薄くなります。

 考えること、自信を持つことで、煩悩から悟りに転じます。

 悩み、不安、迷いを消す方法のうち、簡便なのが止息。

 目を閉じ、息を吐いて腹を引っこめ、息を15秒間止めます。その間、縁のある真言を唱えるとより良いです。

 心は自由なのでじっとしていません。息を止めることで、その自由を制御します。

 これだけやったのだから、大事に至るはずはない、という自信がつくまで、何かに取り組んでいれば、もっと根本的な心の制御が出来るようになります。
PR


[ 2010/01/26 13:34 | 仏教医学研究 ]



<< 浄化呼吸法  |  ホーム  |  合掌行 >>