忍者ブログ


懺悔礼拝行
いくつかの仏教宗派で、懺悔文(さんげもん)を唱えます。

我昔所造諸悪業
(がしゃくしょぞう しょあくごう)
皆由無始貪瞋痴
(かいゆむし とんじんち)
従身語意之所生
(じゅうしんごい ししょしょう)
一切我今皆懺悔
(いっさいがこん かいさんげ)

僕らが昔から行ってきている様々な悪い行いは、

すべて始まりもない昔からの、貪りと怒りと愚かさが、

身体と言葉と心によってなされたものである。

それら全てを今、すべて懺悔します。


基本的に宗教は懺悔から始まる。 

『金剛頂経義訣』やお大師さんの『教王経開題』に、南天の鉄塔という話があります。

昔々、南インドの鉄塔に秘密甚深の経典が修められており、

龍猛(りゅうみょう)菩薩がそれを見るために出かけます。

このかたは学問も修行の果も超一流、他に追随を許さないくらいのすごい達人。

なのに、その塔の扉が開かない。どうしても中に入ることができない。

そこで懺悔をした。そうしたら、扉が開いて密教の秘密経典を得ることができた。

 
この塔は自分自身の象徴。

自分には万法が含まれているのに、懺悔が足りないからそれを見ることができない。

この鉄塔も自分も、大日如来=宇宙の分身です。



懺悔は心に思うだけ、上記の文を唱えるだけでもよいけれど、

もっとも良いのは、身体全体を使って懺悔礼拝すること。五体投地です。


ご本尊さまに向かって起立し合掌。

そのまま右ひざ、左ひざの順に折り、床につける。正座になる。

身体を前に倒して、右ひじ、左ひじ、額の順に床につけ、

手のひらを上へ向け、少し上げる。

上体を起こし、合掌して左足、右足の順に立ち上がる。

これでワンセット。スクワットみたいですね。

懺悔文を一回唱えながら、一度礼拝する。

これを二十一辺乃至百八遍

身体で懺悔を表します。

それから坐って拝む。

懺悔すれば願いも叶う。


この時期、これをすれば身体がポカポカ温まるというお蔭もある。



PR


[ 2017/02/07 09:30 | Comments(0) | 眞天庵仏教塾・密教塾 ]

コメントを投稿する






<< 欲望の代替  |  ホーム  |  所願成就 >>