忍者ブログ


浄土で涅槃 その1
良いゴボウが手に入ればすり下ろし、いろいろ混ぜて揚げる。

お通じにとてもよろしい。



ゴボウは浄土の味がする 。

その浄土には二種類あります。

往生する浄土と、荘厳する浄土。


前者は、お薬師さんの東方浄瑠璃世界や阿弥陀さんの西方極楽世界など、

将来生まれようとする世界 。

後者は、

心が清まり調えば、現在の世界も清まり調う「今、ここ」にある浄土。


仏教徒の目的は成仏、悟りですので、浄土は仏の世界、悟りの世界。

それが遠くにあるか、近くにあるか

自分の外側にあるか、内側にあるのか。


いずれにしても、浄土に行く、今ここを浄土にする、浄土に成る

には、ぼーっと待っているだけではダメで、信心と修行が必要。

信心とは、

心が混じりけ無く、清らかであるかどうかを自省すること。

『倶舎論』には、

 信は心をして澄浄ならしむ

とある。

修行は、

身体と言葉と心を、仏のようにしようと努力すること

他の人に利益になるように拝み、生活を工夫すること。

それができないと、

現世は苦悩の世界で、思い通りに行かない、矛盾に満ちた世界になり、

できれば、

光り輝く明るい浄土になる。

『菩提心論』には

「本から心の中にある清浄な世界へ戻れば、そこが密厳浄土である」
 
信心と修行により、仏との交流を体験すれば、そこが浄土になる、ということ。

また、

「地獄に堕ちるも浄土に遊ぶも心次第。もし、清浄で迷いの無い本心に常に住することができれば、そこが浄土」(『性霊集』巻八) 

とある。


仏の見かたをすれば、今すぐにそこは浄土となり、僕らにはその素質があります。

そして、

十方にある往生する浄土は、荘厳する浄土の一部。









PR


[ 2017/02/10 15:12 | Comments(0) | 眞天庵仏教塾・密教塾 ]

コメントを投稿する






<< 浄土で涅槃 その2  |  ホーム  |  欲望の代替 >>