忍者ブログ


おもちゃとお墓参り
おもちゃ、とは「もてあそぶもの」が語源のようですが、

オッサンは動くものや機械が好き。

できることなら、ブルドーザーやパワーショベルを自分のおもちゃにしたい。

今、僕のおもちゃは動く模型とリョービのチェーンソーと日立の刈払機



これで長男と山の下草刈り。

その後、物置の整理をすると、古い電動工具がたくさん出てくる。

亡父も好きだったのだろうな。


翌日は妻と長男と墓参り

曽祖父母、祖父母、父が眠っている。

お墓はうつろう家族の歴史そのものをあらわしますが、

それは人が無常であることと、今をどう生きるかを感じる場所です。


おもちゃは、他人にとってはゴミ同然だから、

お墓に入る前に処分を考えなければいけない。


お参り後、

おそばを食べに行った近くの神社には、梅が咲いていた。



PR


[ 2016/02/14 07:33 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 何をどう食べるのか。  |  ホーム  |  寂しくて >>