忍者ブログ


かんがえてみよう  運気の上げかた4
宇宙は大きく、広い

いったいどこまで続いているのだろうか、

いつからあるのだろうか。


心も大きく広い

何でも自由に思える。

どんな大きなことも想像できる。


宇宙と心は似ているらしい。

マクロコスモスとミクロコスモス、

宇宙は心の中にあり、

心の中に大宇宙があるというようなことを、

仏教は云う。

そして、

心は本来清浄で美しい。

それは、

元々がまっさらだから、汚れていない、ということである。

だから、

本来仏である、元から悟っている、ということになる。

本当だろうか。

多くの場合、

今まで生きてきた自分の歴史で、自分の心は限定されている。

そんなことはないのだ、もっと大きいのだ、と云う。

本当だろうか。


心の中に仏がいる、心は清浄である、

という教えを作り、

本来自分は仏である、清浄である、

とするのは、

自分が切った木を見て、

この木は切って良いのだ、

と思うものではないだろうか。


魑魅魍魎や悪霊や鬼お化けが見える時、

見えてしまうことが妄想である、

と考えている場合と、そうでないことがある。

そもそも、

死後の世界や霊界など信じていないのに、

そういうものを見ることがある。

それはなぜだろうか。

それは肝臓の仕業である。


いずれにしても、

考えると運気は上がり

悩むと下がる。


PR


[ 2018/11/17 06:30 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 秋の祈り  |  ホーム  |  うんこをしよう  運気の上げかた3 >>