忍者ブログ


きんぴら
ずいぶん前のことですが、

家の中に不穏な雰囲気があるので拝んで欲しい、

というお宅に伺うと、床の間にタンスが置かれていた。

それが原因かどうかは別として、床の間は礼拝の場所ですから、余計なものは置かず、きれいにしていたほうがいい。仏壇や神棚と同じです。


そして、

玄関には下駄箱があって、その上には物が置けるようになっていますが、そこはお客様が荷物を置く所。

さらには、元々玄関は神仏ご先祖さまが入ってくるところ。

だから、神仏が寄りかかるところ。

床の間と同じくきれいにしたいものです。


そのお宅で、

お茶受けに出されたのが、きんぴらごぼう。

甘味と塩気と唐辛子の辛味が効いて、お茶によく合いました。








きんぴらは「固く煮た」料理のことで、代表的なのがきんぴらごぼう。

ゴボウを噛む楽しさがあります。

きんぴらは材料を炒めて仕上げるもので、出汁を加えて煮たものは煮染め。



材料は大きく切れば比較的陰性な料理、小さく切れば陽性になります。

食べ物は良く噛めば心身が陽性になり、噛まないと陰性に。

昨今は肉食の陽性が増えたため、噛まなくても良いような柔らかい陰性が好まれるようになっていますね。


ななめ繊切りにしてよく炒める陽性なきんぴらは、陽性ゆえに身体の下部を引き締めます。

太く切って醤油や塩を振りながら水分を引き出して作る陰性なきんぴらは、陽性な人のお通じによろしい。

体調や他の料理とのバランスに応じて切り、味を決めます。






_________________________________


11月7日(木) 『魔法のごはん』vol.3 ~おせちと冬の食・年末年始のこころ                               
 
         ~ (郡山市・cocochi)
         http://cocochi.exblog.jp/

  8日(金) 心臓について・料理と手当法(眞天庵)

  15日(金) 写経と精進料理の夕べ(吹田市・PINO)

  16日(土) 阿字観瞑想・魔法の食卓(吹田市・PINO)
        http://salon-pino.com/


  17日(日) 不動明王護摩供(鳴門市木津・不動院)

  22日(金) 菜食料理教室・陰陽講座(群馬・甘楽町)

  23日(土) エコ・クッキング(新潟大学)

  28日(木) 不動明王護摩供(眞天庵)
        http://shintenan.hanagasumi.net/goma.html 

  30日(土) 子育て支援センターにこにこひろば「健康講座」
        (須賀川・プリムラ保育園)



__________________________________

穀菜食の舎会員ページ


【冬の手当てガイド】
http://shintenan.syoyu.net/%E7%A9%80%E8%8F%9C%E9%A3%9F%E3%81%AE%E8%88%8E%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%94%A8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/%E5%86%AC%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%A6%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89

【精進おせちの作りかた】
http://shintenan.syoyu.net/%E7%A9%80%E8%8F%9C%E9%A3%9F%E3%81%AE%E8%88%8E%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%94%A8%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/%E7%B2%BE%E9%80%B2%E3%81%8A%E3%81%9B%E3%81%A1%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%9F


PR


[ 2013/10/31 17:20 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 子どもの発見  |  ホーム  |  魔法のお米と菜っ葉 >>