忍者ブログ


ごぼう
台風の雨風で、明日は畑の修復だろうな。トマトやピーマンが倒れているだろうから。

その夏野菜が豊作で、食べるのが間に合わない。

半分くらいは畑の肥やしになっているのが、家庭菜園にはよくあることです。



ナスを炒め、醤油で焦がす。この炭素がお腹によろしい。


朝晩冷えてきたので、そろそろゴボウがよろしい。



素揚げしてナスと炊き、吉野葛で調えます。


ゴボウは、

黒い、細長い、硬いという陽性な形をしていますが、

その葉は大きいという陰性もある。


 



Na



  K



Ca



  P



Mg



ごぼう



18



320



46



62



54



だいこん



19



230



24



18



10



にんじん



28



300



28



26



10



大根葉



48



400



260



52



22



 


(可食部100g中の㎎)

成分的にも、陽性なマグネシウムが一番多いのがゴボウ。そして、陰性なカリウムとカルシウムも多い。

大きな陽性があるので身体を温め造血力が高く、

大きな陰性もあるので、肉魚などの陽性を消します。

どんなものでも陽性だけ、陰性だけということはありませんから。

このように、大きな陽性があるものには、見えないところに強い陰性があってバランスをとっています。

モノでも人でも心でも何でもそう。

それにしても、

大根葉というのは優れた食べ物ですね。陰陽バランスが理想的。


 



PR


[ 2016/08/22 13:24 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 雑草  |  ホーム  |  食と祈り >>